お使いのブラウザはサポートされていません。Edge、Chrome、Safari、Firefoxのいずれかのブラウザの最新版をお使いください。

カート

コラム

よみもの

コラム

    伊藤のnoteシリーズ ~ブランドが終わっても、人生は続く。~

    komatsuerina

    maison407のSTEP制度が何のためにあるのかを書いたnote。 "maison407と『STEP制度』が目指すもの。それは『挑戦への全肯定と、納得できる終わり』だ。挑戦に対しては、そのすべてを肯定する。すべてだ。" (本文より抜粋) 年末が近づくと、M-1が待ち遠しくなる。特段、お笑い好きというわけではない。どちらかというと、そんなに観ない。YouTubeのホーム画面にお笑い芸人の動画が表示されることもなければ、テレビのバラエティ番組を観ることもあまりない。そんなわたしにも、M-1は待ち遠しい。若手芸人の戦場。人の人生をたった一晩で激変させる超巨大権威。審査の重圧を背負い立ちはだかる芸人界の超重鎮。20年に渡…続きはこちら

    この記事を読む

    伊藤のnoteシリーズ ~ 服をつくるんじゃなくて、文化をつくるんだと思う。 ~

    komatsuerina

    代表伊藤のブランドとそのカルチャーを構造化したnote。我々が考えるブランドの定義。 "要するにプロダクトを考えるのなんて、一番最後でいいのだ。カルチャーと文脈さえしっかり固まれば、そこに提案すべきプロダクトは論理的に導き出せるのだ。" (本文より抜粋)   「服をつくるんじゃなくて、文化をつくるんだと思う。」 ある一時期、弊社ステイト・オブ・マインドでは毎週金曜日の夕方に、デザイナーブレストMTGというものを開催していた。teshioniのデザイナーと弊社の社員を集めて、自由に議論するというものだ。どういう経緯で始まったのか、ちょっと思い出せない。付箋を使ってやるみたいな、定義どおりのブレストではなかった。そしてなぜそうなったのか分からないが、ある時期から議論は重く、極めて抽象度の高いものにな…続きはこちら

    この記事を読む

    伊藤のnoteシリーズ ~ デザイナーの仕事は、選択する恐怖と戦うこと。 ~

    komatsuerina

    代表伊藤のデザイナーについてのnote。我々が考えるデザイナーの定義。 "選ぶ。その恐怖に背中が痺れそうになっても、選んで決める。選んだ答えを正解にもっていく。責任を背負うその姿勢に、現場はついていく。選択の責任を背負って矢面に立っているから、デザイナーは王なのだ。" (本文より抜粋)  「デザイナーの仕事は、選択する恐怖と戦うこと。」最近、弊社で麻雀が流行っている。仕事終わりの帰り際に、もちろんノーレートで。初心者も経験者も混じって、ブレストしながら、軽く打つ。会議テーブルに載せるほど煮込みきれていない事案。思考するにあたり、その切り口から探しに行かなければならないような時は、卓上に載せるに... 続きはこちら

    この記事を読む

    佐藤のnoteシリーズ ~ デザイナーを志望する方へ~

    komatsuerina

    maison407オーナー佐藤からデザイナー志望の方へ向けたnote"わたしたちは職人の利益になることや、 職人の未来につながっていることを選び、 また技術をもった職人に我々を選んでもらえるようなサービスを 展開していきたいと思っています。" (本文より抜粋)  「これからブランドをスタートしたいデザイナーに伝えたいこと」デザイナーとブランドをサポートする、新しい取り組み、maison407の一期生募集がスタートしています。募集する立場、生産をする立場、場所の用意、カートの用意、物流の用意をする立場として、これからブランドを立ち上げたい方に対してお伝えしたいことを…続きはこちら

    この記事を読む

    佐藤のnoteシリーズ ~ maison407 デザイナー募集に寄せて ~

    komatsuerina

    maison407オーナー佐藤のデザイナー募集に関するnote "インターネットでお洋服を売る、ということは、大袈裟にいえば24時間・365日できることがあるということです。何もしないことも、何かをし続けることもできる、簡単そうに見えて、実は残酷なサバイバルでもあるのです。"  (本文より抜粋) 「maison407第一期生募集!」 本日よりmaison407のブランドデザイナー候補生第一期生の募集がスタートします。わたしたちはteshioniで随時デザイナー募集をしています。毎月100件程度の応募があり、そのなかから厳選された応募者と一緒にブランドを運営してきました。ここ数年で、teshioni以外でも同じようなサービスがたくさん立ち上がり...続きはこちら

    この記事を読む

    伊藤のnoteシリーズ ~ そのデザインに理由はあるのか ~

    komatsuerina

    teshioni・maison407におけるブランドと我々の関係性それに基づく我々のプロダクトへ対する姿勢をまとめたnote  "だから、ただ「かわいい」だけでは服はつくらない。 なぜそれを「かわいい」とするのか、 意味を問い続け、文脈や意図を理解しようとする姿勢を崩すことはできない。" (本文より抜粋)     「そのデザインに理由はあるのか」 ①ブランドは、デザイナーのものである。2018年 弊社はteshioniという事業を立ち上げた。同じく弊社が運営している、nutteという縫製職人ネットワークを活用した、個人のファッションブランドの立ち上げをご支援するサービスだ。foufouというブランドとの協業からスタートした。 それから3年、早いような、長いような。3年のあいだに、いくつかのブランドが立ち上がった。そしていくつかは続き、いくつかは... 続きはこちら    

    この記事を読む

    伊藤のnoteシリーズ ~ maison407デザイナー募集に寄せて ~

    komatsuerina

    代表伊藤からデザイナー志望の方へ向けたnote "ブランドをつくることは、 わたしにはできなかった。 それでもやっと、  これからブランドをつくる人のための 仕組みをつくることはできたのかもしれない。" (本文より抜粋)     「今はまだ、何者でもないあなたと。」 たしか26の時、わたしは独立した。大学を出て、就職して2年間働いて、貯めたお金で1年制の服飾専門学校に入り直した。卒業後は、専門学校の同期と服のブランドを立ち上げようとした。インターネットが今よりずっと貧弱だった当時、服のブランドを立ち上げるということは..... 続きはこちら    

    この記事を読む