お使いのブラウザはサポートされていません。Edge、Chrome、Safari、Firefoxのいずれかのブラウザの最新版をお使いください。

カート

伊藤のnoteシリーズ ~ブランドが終わっても、人生は続く。~

伊藤のnoteシリーズ ~ブランドが終わっても、人生は続く。~

komatsuerina

maison407のSTEP制度が何のためにあるのかを書いたnote。

"maison407と『STEP制度』が目指すもの。
それは『挑戦への全肯定と、納得できる終わり』だ。

挑戦に対しては、そのすべてを肯定する。
すべてだ。"

(本文より抜粋)

年末が近づくと、M-1が待ち遠しくなる。
特段、お笑い好きというわけではない。どちらかというと、そんなに観ない。
YouTubeのホーム画面にお笑い芸人の動画が表示されることもなければ、
テレビのバラエティ番組を観ることもあまりない。
そんなわたしにも、M-1は待ち遠しい。
若手芸人の戦場。
人の人生をたった一晩で激変させる超巨大権威。
審査の重圧を背負い立ちはだかる芸人界の超重鎮。20年に渡…続きはこちら

次の記事 →

maison407ドキュメンタリー [ ep6 ]

komatsuerina

 ep6 [ Kick off - hérit - ] 第一期生ブランド【 hérit 】初めての全体デザインミーティングの様子をお届けします。 服の形(遺産)を残したいという思いから生まれたhérit。ブランドマネージャーのぞみ、パタンナーあさかとの事前ミーティングで1作目のデザインはホスピタルガウンがモチーフに決まりました。この日のミーティングでは、「なぜ古着なのか」「なぜミリタリーなのか」このブランドでやらなければいけない理由を問われます。 デザイナー自身がまだ言語化できずにいる部分を明確にすべくあらゆる角度から問いを投げかけ深掘りしていきますがなかなかその答えは明確になりません。 ミリタリーのどこに魅力を感じて、その意味をどう解釈し自分のブランド、自分のデザインに落とし込むのかということをとことん突き詰めます。この日のミーティングでは結局ブランドコンセプトが詰めきれず、再ミーティングとなりました。 全体ミーティング後にチームで再度話し合う3人。 自分の中での具体化が足りていないことに気づいたデザイナーKaho。STEP1(10着を2週間で売り切る)をクリアできるかどうか、本当にブランドを続けられるか不安だと言いますその不安を乗り越えるために、デザイナーとして一体何をして、どう動いていくのかが楽しみです。   ドキュメンタリー本編はこちら▼ ドキュメンタリーチャンネルはこちら▼maison407 ~ 小さな部屋から始まる物語 ~